九州大学の歴史と女性

東北帝国大学の女性への門戸開放

しかしながら、1910年代になると女性に大学教育を解放するための女子高等学校の承認問題を含め女性の大学教育が構想されるようになる。それは第一次世界大戦中・戦後の欧州における女性をめぐる新たな社会状況が旧来の日本の女性観に与えた影響や、いわゆる「大正デモクラシー」の思想が芽生えたことにより女子高等教育に積極的な雰囲気が醸成してきたことに起因している。

このような時代の転換のなかで1913年に東北帝国大学理科大学が3人の女性の「学生」を入学させた。なぜ女性が入学できたのだろうか。すでに高等学校と帝国大学の関係は述べたが、実は帝国大学の入学定員は、旧制高校の卒業生とほぼ同数だった。つまり、志望する学科を選り好みしなければ、卒業後の帝国大学進学を保証されるが、逆に言えば、地方の帝国大学では募集学科によっては定員割れも生じていたのだった。こうした状況を受けて東北大学は高等学校・大学予科卒業者などを収容して欠員がある場合に限り入学することができるものとして専門学校程度の学校を指定し、さらに試験を行うという条件付きで中等教員免許状所有者などを有資格者と定めたのである。それは他の帝国大学では実施されていなかった入学資格の門戸開放であり、帝国大学令に女性の入学を禁止する条項・字句が無いことを逆手にとった戦略であった。彼女たちは東北帝国大学指定の学校の卒業生ではなく、中等教員免許状所有者という受験資格で受験し、牧田らく(京都府出身)は数学科に、女子高等師範学校卒業の黒田チカ(佐賀県出身)と日本女子大学卒業で同校の助教授であった丹下むめ(鹿児島県出身)が化学科にそれぞれ合格した。その後東北帝国大学では10年間は女性の入学を認めることはなかったが、1923年には同大学と同志社大学が身分上男性と同等な「学生」として女性の入学を認めるようになり、その後、大学が女性に門戸を解放する動きが漸進することとなった。