活動報告

2015-04-13

【報告】4/10女子大学院生応援セミナー「特別研究員-RPD 採択される申請書とキャリアパス」を開催しました

平成27年4月10日(金)に箱崎キャンパス旧工学部本館の男女共同参画推進室セミナー室にて、女子大学院生応援セミナー「特別研究員-RPD 採択される申請書とキャリアパス」を開催しました。このセミナーは日本学術振興会の特別研究員RPDに採択された先輩をお招きし、申請を検討している大学院生やポスドクの方へ申請書の書き方のポイントや研究と家庭の両立の秘訣などをお話しいただくことを目的に実施されたものです。


セミナーでは、RPD採択経験者の志藤あずさ先生(理学研究院付属地震火山観測研究センター) 、稲田幹先生(工学研究院)のおふたりを中心に、ご自身の体験をもとに申請書や面接で工夫した点、採択後の研究などをご紹介いただきました。そのあとの質疑応答の時間では、「業績がまだ少ない場合はどのようにしたらよいか」「途中で専攻を変更する場合も大丈夫か」などのほか、子育てをしながらの日々の研究生活についても質問がありました。アドバイザーとして参加くださった石谷閑先生(生体防御医学研究所)、男女共同参画推進室学生教育等部門福留留美先生(基幹教育院)からも率直なコメントがあり、あわせて担当事務局から今年度の申請時変更点等が具体的に示され、有意義な時間となったようでした。
参加者からは「領域の異なる先生方の体験に基づいたアドバイスが聞けてよかった」「効果的な申請書の書き方やスライドの作り方が勉強になった」などの感想が聞かれました。

このたびの開催に際しまして、上記記載の方々をはじめご協力くださいました先生方事務局の方々感謝申し上げます。

男女共同参画推進室では、今後もセミナーやイベント等を開催する予定です。みなさんの積極的なご参加をお待ちしています。