活動報告

2014-08-26

【報告】福岡県内高等学校2校でキャリア教育に関する出張講座「プロフェッショナルへの道:九州大学女性研究者編」を実施しました

7月に福岡中央高等学校及び筑紫高等学校においてキャリア教育に関する出張講座「プロフェッショナルへの道:九州大学女性研究者編」を実施しました。
この企画は、九州大学の女性研究者によるキャリア講演を通して、進路選択や大学受験を控えた高校生達に、男女差にこだわる事なく、未来のキャリア&ライフを描く機会を提供することを目的に企画されたものです。各高校では、九州大学の2名の女性教員により、研究分野に関する講演を中心に、大学での勉強や高校時代の思い出、研究職という仕事につくまでの道のりなどが紹介されました。


福岡中央高等学校では、松崎佳子教授(人間環境学研究院)と清野聡子准教授(工学研究院)が、また筑紫高等学校では、福留留美教授(基幹教育院)と西堀麻衣子准教授(総合理工学研究院)が出張講演を行い、それぞれの研究内容やキャリア&ライフを高校生達に紹介しました。
生徒からは、「女性の社会進出に必要なことは何ですか?」「研究に行き詰ったときはどうされますか?」などたくさんの質問が出されたほか、「大学院というところや研究者という職業を身近に感じることができた」「大学がゴールではないので、そのあとの自分の生き方を考えようと思った」「自分のやりたい事を見つけて、その道に進むことは素敵だと思った」などの感想が聞かれました。


  ○7月14日(月)福岡中央高等学校


        



  ○7月24日(木)筑紫高等学校