活動報告

2014-11-25

【報告】福岡県内高等学校でキャリア教育に関する出張講座「プロフェッショナルへの道:九州大学女性研究者編」を実施しました

7月の福岡県立高等学校2校での出張講座に続き、11月6日(木)にキャリア教育に関する「プロフェッショナルへの道:九州大学女性研究者編」を実施しました。
この企画は、九州大学の女性研究者によるキャリア講演を通して、進路選択や大学受験を控えた高校生達に、男女差にこだわる事なく、未来のキャリア&ライフを描く機会を提供することを目的とするものです。毎回本学2名の女性教員により、研究分野に関する講演を中心に、大学での勉強や高校時代の思い出、研究職という仕事につくまでの道のりなどを紹介しています。


今回の県立朝倉高等学校では、井上眞理教授(農学研究院・副理事・男女共同参画推進室副室長)と舟橋京子助教(総合研究博物館)が、それぞれの研究内容やキャリア&ライフを高校生達に紹介しました。
生徒からは、おふたりの研究内容に関する質問のほか、「農学部に入学するにはどうしたらいいですか?」「英語の勉強は大切ですか?」などの質問があり、「大学は、自分の興味があることを学ぶことができるということを感じました」「私も夢を叶えるための努力をしようと思いました」「今の自分がすべきことは、視野を広く持ってたくさんのことに挑戦し、自分を知ることだと感じました」「舟橋先生や井上先生のように活躍されている女性はかっこいいと思いました。講演のお話は予想以上に楽しかったです」などの感想が寄せられました。