活動報告

2014-12-11

【報告】箱崎・伊都の2キャンパスで「女性研究者エンカレッジメントセミナー」を開催しました

平成26年11月20日(木)箱崎理系地区21世紀交流プラザⅠ多目的ホールにて、また12月5日(金)伊都キャンパスカーボンニュートラル・エネルギー国際研究所ホールCにて、女性研究者エンカレッジメントセミナーを開催しました。このセミナーは、本学の女性研究者や学生に向けた講師自身の経験に基づくキャリアパス形成、研究とライフイベント、リーダーシップ養成等についてご講演いただくものです。

 

第1回の講師に九州大学数理学研究院の杉山由恵教授(偏微分方程式論)、第2回の講師に東北大学大学院理学研究科の宮岡礼子教授(微分幾何学)をお迎えし、2キャンパスにてセミナーを実施しました。

 

おふたりはそれぞれの研究内容のほか、学生時代から現職に就くまでのキャリアを通じ、厳しかった局面や恩師との出会い、ワークライフバランス等についてお話しされました。講演後には直接聞き語り合う質疑応答の時間が設けられ、参加者からは「共同研究を行う際の研究分担の秘訣」や「意思決定の過程に女性が参画する意義」などについて質問がなされました。

 

あわせて、参加者からは「女性研究者が増えてこのような意見交換の機会がもてるようになったと思う」「大先輩のお話が聞けて非常に心強くなった」など共感の声が多く寄せられるとともに、自身の意識向上、子育てをしながらの研究継続、周囲の理解やフォロー等についても考える良い機会となったようでした。

 

   

 

下記"ファイル”に第1回セミナーの参加者報告を掲載しています。あわせてご覧ください。