活動報告

2017-06-13
【報告】6/9「若手研究者向け 英語論文執筆集中講座」を開催しました

 2017年6月9日(金)13:00-17:30、箱崎理系地区21世紀交流プラザⅠ多目的ホールにて、文部科学省「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(特色型)」事業の一環として女子大学院生・女性研究者研究力向上セミナー「若手研究者向け 英語論文執筆集中講座(中級)」を開催しました。

 英語学術論文指導、執筆活動のご経験が豊富な理化学研究所創発物性科学研究センターの小野義正先生を講師にお迎えし、日本人研究者に効果的な英語論文執筆についてご講演いただきました。昨年も同様のセミナーを開催しましたが、今回も修士課程の学生をはじめ、学術研究員、教員など多数の参加がありました。4時間を超えるプログラムでしたが、論文を書く前の準備から論文提出後の査読者対策まで論文執筆に関する包括的な集中講座となり、参加者は熱心にメモを取りながら先生のテンポのよい講義に耳を傾けていました。

 セミナーでは、英語論文を書く意義と英語論文のフォーマットの説明から始まり、日本語とは違う英語の論文構成について、良い例と悪い例を示しながら、詳しく解説いただきました。前半は、日本人英語の欠点と改善方法や「英語の発想」で英文を書く秘訣等、英語のネイティブスピーカーにわかってもらえる英語論文を書くためのポイントについて。後半は、英語論文の作文技術と文法事項に重点を置き、明確な英語論文を書くテクニックと英語論文を書くときに心得ておくべき文法的事柄等、日本人が苦手とする文法についてご説明いただきました。

 約40名の受講者からは、「今までの自分の英語の書き方がとても日本語的な考えになっていることに気づくことができた」、「日本語、英語の考え方の違いから、具体的な文法まで注意すべき点をわかりやすく説明していただけて勉強になった」、「英語論文を読むときの参考にもなった」等の感想が寄せられました。

 男女共同参画推進室では、今後もセミナーや講演会を随時開催してまいります。皆様の積極的なご参加をお待ちしています。
                                                                                            (男女共同参画推進室 藤田 妙)

    

ページの先頭へ