取り組み

両立支援環境整備

女性研究者がその能力を最大限に発揮できるよう、出産・育児や介護等などの多様なライフイベントと研究が両立できる環境整備を行います。



休日、夜間、学会参加時の保育施設の一時利用、育児シッターの利用等多様な保育支援利用に関する制度を整備


育児シッター利用支援を開始しました。


両立支援のための環境整備のニーズ調査アンケート


2015年12月7日 ~ 2016年2月6日の期間で実施しました。


◆ 研究者向けは こちら
◆ 大学院生向けは こちら


ハンドブックを作成しました。


妊娠・出産などのライフイベントを迎えたり、介護について考える際のご参考用に大学の休暇・休業制度などを中心にまとめました。


出産・育児をむかえるときのハンドブック 介護が身近になるときのハンドブック 


両立のためのインフラ調査と改善点の検討



学外での研究活動実施に向けた環境整備



配偶者帯同雇用制度の検討


配偶者帯同雇用支援制度では、パートナーが勤務する機関や周辺の機関における雇用支援を行う制度で、米国等ではすでに取組みが進み展開されています。その主な趣旨は、優秀な人材の確保と本学への定着を図ることにあります。また、ワークライフバランスも促進されることで、研究活動の活性化も見込まれます。


(実施例)
US Berkeley:Partner Hiring Guidelines
University of Michigan:Dual-Career Program
北海道大学:研究者カップル同居支援
弘前大学:パートナーフェロー


帯同雇用支援ワーキンググループの設置


帯同雇用に関わるアンケート


上記「両立支援のための環境整備のニーズ調査アンケート」の中で実施しています。

ページの先頭へ