イベント等

2016-03-03

【開催報告】「山縣由美子理事のプレゼン応援講座」を開催しました。

 平成28年2月29日(月)伊都キャンパス椎木講堂大会議室にて、本学の山縣由美子理事によるプレゼン応援講座が開催しました。プロジェクトや研究費の採択、講義や学会でのわかりやすい説明と発表を目指し、審査委員、学会参加者、受講生等により深く理解してもらうためには、魅力的なプレゼンテーションは欠かせません。山縣理事は、本学を卒業後、南日本放送でキャスターとして活躍されるなど、報道の現場における豊かなご経験をもとに、アドバイスをいただける機会が実現しました。


 セミナーでは、最初に井上眞理 副理事(農学研究院 教授)から開催のご挨拶があり、プロジェクト申請、学会発表、講義の3つのシチュエーションを想定し、それぞれの発表者が5分間のプレゼンテーションを行い、山縣理事からのアドバイスをいただきました。


 プレゼンテーション事例として、上瀧恵里子(男女共同参画推進室 教授)の「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(特色型)」の補助事業申請、富田雄貴(大学院生物資源環境科学府 修士1年)の「ダイズにおける「青立ち」発生メカニズムの解析」の学会発表、武内真美子(男女共同参画推進室 准教授)のダイバーシティ社会におけるキャリアデザインⅡ「男女の雇用格差と賃金格差」の講義の3事例を取り上げました。


 それぞれの発表者には、山縣理事からスライドの作成方法を含めた細やかなアドバイスがなされただけでなく、プレゼンテーションを苦手と感じる方が陥りがちな点について、短い時間にたくさん内容を入れすぎない、余分なものを落とした分は間を入れる、沈黙を恐れず相手の気持ちになって話す、などの助言がなされました。


  後半では、富田雄貴さんが山縣理事のアドバイスを生かしたリバイズドプレゼンテーションを発表し、理事から格段によくなったと評価されました。
参加者からは「話し方の講義などはあまりないので大変参考になった」、「プレゼンのみでなく、他のことにも役に立つお話を聞くことができた」などの感想が聞かれ、発表者にも参加者にも非常に有意義な時間となりました。