活動報告

2019-11-15

【報告】11/13 就職を考える大学生向け講演会「リーダーシップ―人材育成―」を開催しました

 令和元年11月13日(水)14:50-16:20、伊都キャンパスセンター2号館2302教室にて、総合科目「キャリア・デザインⅢ―男女共同参画の観点から―」の公開講義として、就職を考える大学生向け講演会「リーダーシップ―人材育成―」を開催しました。この講演会は、「女性の大活躍推進福岡県会議」の主催により、講師に株式会社岩田屋三越リビング・趣味・ソリューション営業部シニアマネージャーの曽根ゆかり氏をお迎えし開催しました。


 ご講演は、参加した学生一人一人が「仕事をする」ということはどういう事なのか、考えるヒントとして、ご自身の経験、働く環境の変化、未来の視点という3つの内容に重点が置かれました。最初に、小売業界全体の動向とご自身のキャリアについて紹介がありました。キャリアの節目でそれぞれの仕事や役割を通じて経験されたこと、感じたことについて丁寧な紹介がありました。 就職活動では、将来あるべき自分の姿を考えておくことが大切だと振り返られました。また、キャリアを重ねる中で、目の前のことだけでなく、時には組織を俯瞰して見渡すことも重要であり、自分の考えを発信することで周囲に理解してもらえたことをご経験を交えながら話されました。管理職となってからは、組織を動かすために、相手の立場で考えることも重要であり、リスクを予測して責任をもって決断する必要性を話されました。


 後半では、激変する小売業界を冷静に分析されたお話しと働き方改革を紹介されました。また未来視点で考えた場合に、少子高齢化、グローバル化、人口知能の発達などから労働者が減少するという指摘をされました。その中で、今後必要とされる人材はどのような人なのかというお話しがあり、「専門性」「創造性」「コミュニケーション力」の重要性を話されました。


 ご自身の経験を交えた説得力のあるお話しに、参加した学生は皆熱心に聞いていました。曽根氏は最後に、積極的に楽しんで仕事をする能動的働き方を薦められ、卒業後社会にでる学生へエールを贈られました。


 男女共同参画推進室では、これからも学生向けのキャリア講演を企画する予定です。みなさんのご参加をお待ちしております。


男女共同参画推進室  武内 真美子