Events

HOME > Events > SENTAN-Q 令和4年度9月修了認定式を開催しました

Events

2022.09.28 SENTAN-Q 令和4年度9月修了認定式を開催しました

 令和4年9月6日(火)、ダイバーシティ・スーパーグローバル教員育成研修(SENTAN-Q)の修了認定式を開催しました。当初は対面での開催を予定していましたが、台風11号の影響のため急遽オンラインでの開催となりました。今回の修了者は、ライフイベントで期間延長した第1期生1名と第2期生9名です。


 第2期生は令和2年度に選定され、令和2年8月より女性6名、男性4名の計10名で2年間の研修をスタートしました。新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、キックオフをはじめとし、多くがオンラインでの研修となりましたが、2年間の研修期間を経てライフイベントによる延長者1名を除く9名が無事プログラムを修了しました。


 修了認定式では、初めに石橋総長から研修生へ認定書の授与が行われました。続く総長挨拶では、学内外の関係者へ向けての謝辞と、研修生へ向けて、研修で得た知見を活かし、本学のみならず、日本の学術研究の発展に貢献してほしいと期待を述べられました。


 続いて、修了生10名による、2年間の研修に関する振り返りや総括について発表が行われました。修了生からは、「想像以上の研究成果が得られた。」「海外研究者とのネットワークが構築でき共同研究に発展した。」「コロナ禍であったからこそ、オンラインを活用して世界的権威とのネットワークを構築できるなど、困難を逆手にとって貴重な経験を得ることができた。」との言葉が寄せられました。また、関係者への謝辞と現在研修中の第3期生、第4期生へのエールも送られました。


 閉会にあたり、本研修コーディネータの玉田副学長から研修生へ向けて祝辞と、今後の活躍への期待に加え、同期との協力や周囲及び後輩への展開の推奨、そして、教員と職員の協力関係の重要性について述べられました。最後に、学内外の関係者への多大なる協力への謝辞で締めくくられました。

(男女共同参画推進室 林・加藤)




参加者による記念撮影