基金のご案内

九州大学は、国立大学が法人化された平成16年度に他大学に先駆けて男女共同参画推進室を設置し現在まで様々な取り組みを実施してきました。

平成19年度には文部科学省の補助事業『女性研究者支援モデル育成』事業に採択され、平成21年度には『女性研究者養成システム改革加速』事業に採択されました。これらの補助事業では文部科学省による事後評価で、全て最高の「S」評価を受けており、九州大学は女性研究者支援のフロントランナーとして全国の大学からも注目を集める存在となっております。

これらの事業期間中に、3つの保育施設の整備や研究補助者雇用支援など女性研究者のための環境整備も進み、本学の女性教員数(比率)は平成19年度の189人(8.3%)から平成27年度の330人(13.4%)へと大きく増加しました。 ※現在は伊都、病院キャンパスの2箇所
また、平成27年度には『ダイパーシティ研究環境実現イニシアティブ事業』に採択され、仕事と家庭の両立支援、女性研究者活躍推進のための多様な活動を展開しています。

平成28年度は、九州大学が初めて文部科学省の女性研究者支援のための補助事業「女性研究者支援モデル育成」に採択されてから10年目を迎えることから、支援開始10周年の記念プロジェク卜として、九州大学基金に「女性研究者活躍促進プロジェク卜」を創設しました。

本基金は、これまでの取組みの継続、更なる充実のため、また「女性研究者および女子学生を表彰する賞」のために活用させていただきます。